• いがとも

花粉症をツラくする「口呼吸」「睡眠不足」に注意して!

花粉症は、体内に侵入した異物(花粉)を撃退しようと免疫機能が過剰に働くことで起きる症状です。

その対策としては、できるだけ花粉を体内に入れないようにすることと、免疫力を高めることが大切です。

風邪だと思って不用意に花粉を吸い続けていると、症状が慢性化して、花粉シーズン終了後も花粉症のような症状に悩まされることもあります。

花粉を体内に入れないためには、マスクやメガネなどが有効ですが、同時に注意したいのが「口呼吸」「睡眠不足」。いずれも免疫力を低下させる要素で、花粉症悪化の原因になります。

0回の閲覧