• いがとも

日本はパラリンピックを差別せず平等に報道しろ!!

 なにが「おもてなし」だ!?


オリンピックのマラソン、競歩は札幌に決定!と毎日のようにニュースやワイドショーで


やってますが、「じゃあ、パラリンピックわ?」「パラアスリートの宿泊場所わ?」など


疑問に思わないのってくらい言わないですよね。報道格差が大きすぎる!


 オリンピックは国の威信をかけて闘っているが、パラリンピックは障害者が趣味でやって


るとでも言いたいの?障害者も国の威信をかけて闘ってるんですよ!?


障害の有無に関係なく激しいスポーツで頑張る姿は見る「ひと」に勇気や感動を与えてくれるんです。

 パラリンピックの選手は、練習や参加のための費用にも苦労をしています、義足や車椅子


はもちろん視覚障害、聴覚障害のサポーターさん・・・お金がかかるんですよ。


メダルを取っても報道されるのは日本人メジャーリーガーのほうが大きく扱われる・・・。


 「オリの時は民放もこぞってやたらと番組やってたのに、パラになった途端に扱わないという格差は相変わらず」


「オリンピックの金銀銅、パラリンピックの金銀銅価値は一緒なのになんなんこの報道の無さ???」 言いたいことはまだまだありますが2020年熱くなれることを祈ってます。


西村 力哉

音喜多 駿 「オリンピックとパラリンピックメダリストの報酬格差とは」

http://agora-web.jp/archives/2020924-2.html



7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ネットショップオープン

このたび、おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」にて 「忍にんショップ 伊賀の友」をオープンする運びとなりました。 伊賀流忍者や松尾芭蕉のふるさととして知られ特産品では、伊賀米や伊賀牛、伊賀焼などが有名で「伊賀ブランド」に認定されています。 伊賀市は風光明媚なところで伊賀の水や土で育まれた素材をつかったお菓子は絶品です。 そのなかでも、「かたやき」は数百年の昔、伊賀忍者の携帯食として生まれた

利用者募集

★利用者募集 企業で働くために必要な知識やスキルを身に付けたい方 障害の理解を深めて上手く付き合っていきたい方 意欲はあるけどなかなか就労に結びつかない方 自分の個性や感性を発揮したい方 プログラミングやデザインに興味がある方 コミュニケーション能力を高めたい方 特定非営利活動法人 伊賀の友 ​ 【事業内容】 ​ ・就労移行支援  2年以内で企業への一般就労を目標にして働くために 必要な知識・能力